予防接種の裏技~大人が風しん麻しんをお得に~

麻しんが流行しています。
我が子に移ったら…
自分がかかって移したら…
妊娠中の周りの人に移したら…

怖すぎます。

もぐらんは妊活中にある裏技を利用し通常よりお得に抗体検査を受け予防接種も済ませました。

自分が移す心配は少ない
我が子にも免疫が行く

ので、安心です。

その裏技とは…自治体の助成!

周りに話したら意外と知らない人が多かったので、まだ抗体検査や予防接種を受けていない人にぜひ知って欲しいです。

風しん麻しんって?

風しんとは

風しんとは 風しんは、風しんウイルスによって引き起こされる急性の風しんウイルスによっておこる急性の発疹性感染症です。
風しんウイルスの感染経路は、飛沫感染で、ヒトからヒトへ感染が伝播します。
症状は不顕性感染から、重篤な合併症併発まで幅広く、特に成人で発症した場合、高熱や発しんが長く続いたり、関節痛を認めるなど、小児より重症化することがあります。また、脳炎や血小板減少性紫斑病を合併するなど、入院加療を要することもあることから、決して軽視はできない疾患です。
また、風しんに感受性のある妊娠20週頃までの妊婦が風しんウイルスに感染すると、出生児が先天性風しん症候群を発症する可能性があります。

麻しんとは

麻しんは、麻しんウイルスによって引き起こされる急性の全身感染症として知られています。
麻しんウイルスの感染経路は、空気感染、飛沫感染、接触感染で、ヒトからヒトへ感染が伝播し、その感染力は非常に強いと言われています。免疫を持っていない人が感染するとほぼ100%発症し、一度感染して発症すると一生免疫が持続すると言われています。

厚生労働省HP(風しん麻しん)より

予防接種しなくても過去にかかれば大丈夫?

違います!

実際に子どもの頃かかった身内が抗体検査をしたら、抗体はある物の数値が低く予防接種推奨基準でした。

昔は一度かかったり予防接種していれば症状が出ない程度に軽くかかり免疫が強化されていたのが、現在は予防接種の効果で病気になる人が減っているため免疫が薄れることがあるそうです。

(病気自体が減ってるんだから良いことですよ!)

また、記憶違い・実は違う病気にかかっていた例も。抗体検査で調べるのが確実です。

また、将来本当にかかればいいでしょうって人、次の副反応をぜひ見て下さい。

予防接種の副反応は?

副反応、心配ですよね。

国立感染症研究所では、

こんな副反応があると説明しています。

風しんの副反応

風疹ワクチンは、副反応の少ない非常に安全なワクチンの一つです。しかし、重大な副反応として、まれにショック、アナフィラキシー様症状、全身のじんましんの報告があります。また、まれに(100万人接種あたり1-3人程度)急性血小板減少性紫斑病が報告されています。その他の副反応として、発疹、紅斑、掻痒、発熱、リンパ節の腫れ、または関節痛などをみることがあります。成人女性に接種した場合、子供に比して関節痛を訴える頻度が高いといわれています。

麻しんの副反応

麻疹ワクチンは生ワクチンですので、ワクチンの中に存在する弱毒化された麻疹ウイルスが体内で増殖する時期(接種後5~14日)を中心として、約5.4%に37.5℃以上38.5℃未満、約8.1%に38.5℃以上の発熱、約5.9%に麻疹様の発疹が見られます(厚生労働省予防接種後健康状況調査報告書)。そのほかに、接種部位の局所反応、熱性けいれん(約3,000人に1人)、じんましん等も見られますが、いずれも一過性です。脳炎脳症は100~150万人接種に1人以下急性血小板減少性紫斑病は100万人接種に1人程度と言われています。ワクチン接種後の亜急性硬化性全脳炎(SSPE)はないとされています。麻疹風疹混合ワクチン(MRワクチン)を使用する場合が多いですが、副反応の頻度については、麻疹ワクチンと概ね同じです。

弱い菌を体に入れるから100%安全はないです。

もぐらんは研修で副反応の例も沢山見てきました。

でも知ってますか?予防接種のせいで何かが起きたら、

予防接種健康被害救済制度があるんです。
実際にかかったらこんな救済はありません。

副反応が出やすい人も居ます。体質で出来ない人も居ます。

大丈夫な人が予防接種を受ければ、

出来ない人を救うことにもつながります。

風しん麻しんと妊婦

CRSの赤ちゃんに見られる主な症状は以下のようになっています。

<画像は風しんの感染予防の普及・啓発事業より>

どんな病気も妊婦はかかりたくないですが、

特に風しんは妊娠初期の女性がかかると

生まれてくる赤ちゃんが「先手院生風しん症候群」になる確率

妊娠1ヶ月で50%以上!

つまり2人に1人は「先天性風しん症候群」になるんです。

我が子や周りの子が画像のような症状になることを
予防接種で防げるんです!

予防接種、男は不要?

国立感染症研究所風しんQ&Aによると(以下抜粋)

平成28年度の感染症流行予測調査によると、30代後半から50代の男性の5人に1人は風疹の免疫を持っていませんでした。20代から30代前半の男性は10人に1人は風疹の免疫を持っていませんでした。また、男性が風疹にかかると、妊娠中の女性が近くにいた場合、風疹をうつし、その赤ちゃんが先天性風疹症候群となって生まれる可能性があります。
自分と家族、そして周りの人々を風疹とその合併症から守り、生まれてくる赤ちゃんを先天性風疹症候群から守るためにも、これまで風疹の予防接種を受けたことがない場合は、成人男性でも可能な限り早く接種をうけるようにして下さい。

貴方が誰かの一生を救えるかもしれない。

男性も受けてください!

予防接種を受けた方がいい年齢は?

以下の人が特に注意!

あなたは何年生まれですか?風しんワクチン接種状況チェック!

生年月日など ワクチン接種の状況
昭和37年4月1日以前生まれの男女 定期接種が行われていませんでしたが、大半の人が自然に風しんに感染することで免疫があります。
昭和37年4月2日~
昭和54年4月1日以前生まれの男性
中学生の時に女性のみを対象として、学校で集団接種が行われていたため、自然に風しんに感染する機会が減少しましたが、男性は定期接種制度が行われていないので、風しんの免疫がない人が多い世代です。
昭和54年4月2日~
昭和62年10月1日生まれの男女
男女とも中学生の時に予防接種を受ける対象になっていましたが、中学生のときに個別に医療機関で予防接種を受ける制度であったため、接種率が低く、風しんの免疫がない人が多い世代です。
昭和62年10月2日~
平成2年4月1日生まれの男女
男女とも幼児のときに予防接種を受ける対象となり接種率は比較的高いのですが、自然に風しんに感染する機会がさらに減少したため、接種を受けていない人には風しんの免疫がない人が比較的多い世代です。

厚生労働省風しんの感染予防の普及・啓発事業より

予防接種の裏技って?

今までなげーよ!って思った方お待たせしました。

目次で飛ばして来た方正解です(笑)

大流行中の麻しん、また赤ちゃんに怖い風しん。

自治体によって抗体検査や防接種の助成があります!

麻しんその物での助成はないですが、

麻しん風しん混合ワクチンを接種する事で

1万前後するワクチンが

助成でお安く受けれます。

予防接種や抗体検査の助成対象者は?

  1. 妊娠を希望している女性
  2. 1の女性の夫やパートナー
  3. 抗体が出来ない、または低い妊婦の夫や同居人

※自治体により違いがあります。

抗体検査・予防接種の流れ

1指定の病院で抗体検査を受けます

複数病院があり、その中でどこで受けても自由でした。

採血での検査でした。

我が家は夫婦で受けました。

2病院から検査結果

病院に行くか郵送(自治体による)

我が家は郵送を選ぶと、

一人一人別々の封筒で検査結果が届きました。

確かにそれぞれのことだもんな…と

配慮にびっくりしました。

どこでもそうかは分かりませんが、

配慮されてるのが感じられありがたかったです

3予防接種を受ける

ここ昨年のことなので曖昧でごめんなさい!

数値が低ければ

予防接種をする、のみで

うちの自治体では特に定着したかどうかの

再検査などはなかったです。

抗体検査・予防接種で必要なもの

・風しん抗体検査依頼書(実施医療機関にあり)
・健康保険証または、生活保護受給証
・自治体の住人であることを証明する書類
(運転免許証、水道・電気料金等公共料金の請求書等)
・ご自身の母子健康手帳
・お子さんの母子健康手帳など妊娠時の風しん抗体検査の有無を確認できるもの
※予防接種歴、抗体検査結果が確認できるものがない場合は、その旨を実施医療機関に伝えてください。

※参考「平成30年度さいたま市風しん抗体検査のご案内」より

予防接種の裏技~大人が風しん麻しんをお得に~まとめ

予防接種、出来ない人もいる。

だから、出来る人・行ける人は
自分だけじゃなく周りや未来の子どものために行きましょう

将来受けておけば良かったってなる前に、

お得に行ける対象の人は

ぜひ今のうちに~!

予防接種の裏技、対象県一覧

「風しん」+「助成」+「自分が住んでいる自治体」

で検索すれば対象になっていれば出てきます。

参考に各都道府県で抗体検査をやっている所のリンクをまとめました。

長くなるので最後で失礼します。

北海道
青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
愛知県
三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県

合わせて読みたい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする